松阪牛(松坂牛)は名古屋の友屋本店 で!

こだわりの松阪牛

『肉の芸術品』松阪牛

松阪牛、松坂牛

三重県内の肥育対象地域で育てられた黒毛和種で、未経産の雌牛であることが松阪牛になる条件。

しかし当店ではどんな松阪牛でもよいわけではなく、生産者、出生地、血統、肉質、脂質、肉色など当店の条件に合った牛肉を選定しております。

松阪牛は霜降り主体のブランド牛とは『味』が違います。
全国のブランド牛の中で雌牛指定は松阪牛のみ!

お歳暮、お中元、お取り寄せ

当店は、「松阪肉牛会員417号」松阪肉販売指定店です。 長年の販売実績と厳しい審査をクリアしなければ「松阪肉牛協会員」にはなれません。

友屋本店の松阪牛はここが違う!!

松阪牛「特産等級」とは

特産等級、希少部位、A5等級松阪牛「特産等級」とは 兵庫県但馬地方の良質な血統の生後約8ヶ月の選び抜いた子牛を導入し、900日以上の長期に渡り農家の手で1頭1頭手塩にかけて肥育されたものを「特産等級松阪牛」と呼んでいます。
霜降りの見た目によってA4等級、A5等級と一般的な格付けもされますが、それだけでは評価できない独特な美味しさを表すために「特産等級」の格付けをします。
「特産等級」松阪牛は肥育されている松阪牛のうち数%しかいません。日本が誇る牛肉の頂点に立つ松阪牛の中でも最上級の松阪牛です。

【特産等級】松阪牛のロース芯のオレイン酸含有量を調べた結果、58%以上という数値が出ました。
オレイン酸とは不飽和脂肪酸のことで、オリーブオイルなどに多く含まれています。悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす効果があり、また融点が低いので、さらっとしていて体に脂肪が残りにくい。本当に美味しいものは体にも良いのです! 

松阪牛は他の牛肉に比べると融点(脂の溶ける温度)が低いのが特徴です。
霜降り【特産等級】松阪牛の脂はその中でも特に低く、検査所での計測の結果、今までの最高は14度!手の平の上に乗せた瞬間から溶け出しました。
(一般的な和牛は平均25度、松阪牛は平均17度です)

友屋本店の年間販売頭数の約7割が「特産等級」松阪牛です。
当店は松阪牛《特産等級》を販売する全国でも数少ないお店です。

友屋本店の松阪牛ご購入はこちらから

特産等級
すき焼き
しゃぶしゃぶ
焼肉
ステーキ
サーロイン
ホルモン、レバー
ローストビーフ、ハンバーグ
PAGETOP
Copyright © 松阪牛専門店 肉の友屋 All Rights Reserved.